よくある質問

よくある質問とその回答集です

よくある質問

今までホームページに寄せられた問い合わせや、お客様からいただいた質問の中から汎用的なものをまとめました。

Q.縮んでしまった生地は洗い張りで元に戻りますか?

ほとんど元に戻りますが、大巾に縮む反物(昔の御召など)は若干巾が狭く仕上がる場合があります。

Q.自分で解いた反物の洗い張りは可能ですか?料金は変わりますか?

ご自分で解いた反物の洗い張りも可能です。
料金は変わりません。

Q.洗い張りをせずに胴裏だけ、八掛だけ変えることはできますか?

基本的には解いて洗い張りをして仕立て直す際に胴裏と八掛を交換することをおすすめします。
仕立て上がった状態で胴裏と八掛を変えるのはかなり手間のかかる作業なので、解いて洗い張りをした場合と金額的に大差ないですし、生地のためにも洗い張りをした方が良いです。

Q.絞りのきものの丸洗い、洗い張りはできますか?

できることはできるのですが、絞りが平らになってしまいます。
それでも良ければ可能です。

Q.帯の丸洗い、洗い張りはできますか?

塩瀬や博多など、一部の帯は洗い張りや丸洗い・しみ抜きができるものもありますが、基本的に帯はよっぽど目立つしみがなければ洗わない方が良いです。

Q.撥水をしてあるきものでも丸洗い、洗い張り可能でしょうか?

可能です。
洗い張りの場合は、2000円プラスになります。

Q.きものにカビが生えてしまいました。丸洗いで落ちるでしょうか?

状態によります。
表面に白っぽくついている状態なら、丸洗い・しみ抜きで落ちる可能性が高いです。
あまりにも範囲が広い場合は洗い張りしてしまった方が良いです。
黄色から茶色く変色してしまっている場合は、丸洗い・しみ抜きでも落ちない場合が多いです。

Q.男物の着物と羽織を仕立て直せるか?裄と身丈を長くしたい。

裄が長いお客様で、生地の幅が足りない場合、袖に足し布をすることで対応可能な場合が多いです。

Q.振袖の仕立て直しを他店に相談したところ、縫い代が少ないので無理と言われました。だるまやさんで見ていただくことは可能でしょうか?

可能です。
他店で断られたお客様で、うちで仕立て直しをされた方はたくさんいらっしゃいます。
もちろん、できない場合もありますが、お気軽にご相談ください。

Q.きものを羽織に仕立て直すことはできますか?

できますが、羽織の衿の背中心にハギが入ります。
羽織の衿はグルッと長いのですが、きものにはそのパーツがないためです。
また、きものよりも袖巾を長くしないときものの袖が出てしまうため、生地の幅が広くないとできない場合があります。

Q.振袖の袖を詰めていただくことはできますか?

できます。
袖の裾の方にメインの柄が有り、その柄を活かしたい場合は、袖だけ洗い張りをして袖を作りなおす場合もあります。

Q.ヤケてしまったきものを直すにはどうしたら良いか?

無地のきものの場合は、染め直すことでヤケが目立たなくなります。
小紋や附下の場合は、品物によってできる場合とできない場合があります。

Q.江戸小紋の染め替えはできますか?

上から色をかけるにしろ、色を抜くにしろ、元の柄はほとんど見えなくなり、無地っぽくなってしまいます。
無地に直したい、ということでしたら問題ありません。

Q.結婚するときに紋を変えるのでしょうか?

変える必要はありません。 例えば結婚前にきものを誂えたときには、実家の紋を入れます。
結婚後、そのきものを嫁ぎ先にお持ちになる際に、紋を変える必要はありません。
実家の紋が入っていれば、実家から持ってきたということになります。
紋は簡単に言うと、お金の出所なのです。
ただ、そのきものを染め直したり、仕立て直したりする場合には、嫁ぎ先の紋に変えるのが一般的です。

Q.紋付のきもので紋を変えることはできますか?

できます。
きものの種類によって方法がいくつかありますが、どんなおきものでも紋を変えることはできます。

Q.仕立て上がっているきものでも紋を入れられますか?

可能です。
背紋を入れる際は、一度背縫いを解いて紋を入れて再度縫い合わせます。

Q.洗い張りをするときに紋から色が出る、紋が泣くとはどういうことでしょうか?

留袖や喪服は、お誂え前は紋を入れるところが白く丸く抜いてあります。
この中に紋を入れるのですが、染めるわけではなく、黒い染料で描くだけなので、洗うと染料がにじんできてしまうのです。
このことを紋から色が出るとか、紋が泣く、と言います。
紋から色が出てしまった場合には、元の紋の上から紋を切り付けるという方法を用います。

Q.ゆかたの水通しは可能ですか?

可能です。できればお客様の袖巾と身長を教えていただけると仕上げの加減がしやすいです。

Q.絞りのゆかたの巾出しは可能ですか?

可能です。できればお客様の袖巾と身長を教えていただけると仕上げの加減がしやすいです。

関連のあるページ

だるまやのご紹介のページ