しみ抜き

きものの汚れを丸刷毛で一枚一枚落とします。

丸洗い・しみ抜きとは

丸洗い・しみ抜きとは、丸刷毛と揮発性の溶剤を使い、きものを解かずに汚れを落とすことです。
全体的に汚れを落とすことを丸洗い、特に汚れている部分を重点的に綺麗にすることをしみ抜きと言います。
丸洗いはお店によって、京洗い、生洗いなどと呼ぶ場合もあります。

丸洗い・しみ抜きの手順

汗抜きについて

最近きもののお手入れをお請けするお店の料金表に「汗抜き」という言葉があるのが一般的になりました。
お客様から汗抜きの値段を聞かれることが時々ありますが、だるまやとしては、汗抜きは、しみ抜きの中の一作業という位置づけです。
しみや汚れの原因が、例えばドレッシングをこぼしてしまったり、雨の日に泥跳ねしてしまったり、暑い日に汗をかいたりと、いろいろあります。
その原因によってしみ抜きの溶剤や作業内容が多少変わりますが、それは作業をする職人の考えることであって、汗だけを切り出して料金表を作るのは不自然だと思うからです。

時間が経っていたり、ひどいしみを落とすのが大変なように、汗じみも広範囲に渡れば作業が大変ですし、ちょっと汗かいた程度ならそれほど大変でもないです。
ただ、汗じみは、実は、丸洗い・しみ抜きと相性が悪いので、よっぽどひどい場合は洗い張りをお勧めする場合があります。

それほどひどくない汗じみであれば、料金表の金額の範囲内で作業できる場合が多いです。

お客様にお願いしたいこと

丸洗い・しみ抜きに関するよくある質問

A.ほとんど元に戻りますが、大巾に縮む反物(昔の御召など)は若干巾が狭く仕上がる場合があります。
A.ご自分で解いた反物の洗い張りも可能です。料金は変わりません。
A.基本的には解いて洗い張りをして仕立て直す際に胴裏と八掛を交換することをおすすめします。
仕立て上がった状態で胴裏と八掛を変えるのはかなり手間のかかる作業なので、解いて洗い張りをした場合と金額的に大差ないですし、生地のためにも洗い張りをした方が良いです。
A.できることはできるのですが、絞りが平らになってしまいます。
それでも良ければ可能です。
A.塩瀬や博多など、一部の帯は洗い張りや丸洗い・しみ抜きができるものもありますが、基本的に帯はよっぽど目立つしみがなければ洗わない方が良いです。
A.可能です。
洗い張りの場合は、2000円プラスになります。
A.状態によります。
表面に白っぽくついている状態なら、丸洗い・しみ抜きで落ちる可能性が高いです。
あまりにも範囲が広い場合は洗い張りしてしまった方が良いです。
黄色から茶色く変色してしまっている場合は、丸洗い・しみ抜きでも落ちない場合が多いです。

丸洗い・しみ抜きにかかる期間

丸洗い・しみ抜きには通常1ヶ月から1ヶ月半ほどいただいています。
着る予定が決まっている場合は、急ぎで仕上げることもできますので、遠慮無くご相談ください。

丸洗いとしみ抜きの料金

丸洗いをして、共衿、袖口、裾など通常着て汚れる場所をしみ抜きした場合の料金です。
汚れの範囲や落ちにくさによって変わりますので、あくまで目安とお考えください。

きものの種類 通常料金(目安) 感謝祭料金(目安)
小紋 ¥10,000 ¥5,000
無地、紬 ¥12,000 ¥6,000
訪問着、喪服 ¥12,000 ¥6,000
振袖 ¥14,000 ¥7,000
留袖 ¥16,000 ¥8,000
羽織 ¥10,000 ¥5,000
道行・道中着 ¥10,000 ¥5,000
雨ゴート ¥10,000 ¥5,000
長襦袢 ¥8,000 ¥4,000

関連のあるページ

きもののお手入れのページ