洗い張り

天然布のりと伸子張りで仕上げる昔ながらの洗い張り

洗い張りとは

きものを解いて反物の状態に戻して洗い、布のりを引き、湯のしや伸子張りで反物の幅を整えることを洗い張りといいます。
水洗いして汚れとのりを落とし、新たに布のりを引くことで風合いを取り戻し、生地を蘇らせることができます。
仕上がりは反物の状態のため、きものにするためには仕立てを行う必要があります。
洗い張りをすることで反物の筋が消えるため、仕立て直すことができます。また、仕立て直す際に、寸法を変えたり、古くなった裏地を変えたり、八掛の色を変えてきものの雰囲気を変えたりすることもできます。

洗い張りの手順

動画で見る

洗い張りにかかる期間

混雑状況にもよりますが、通常1ヵ月~1ヶ月半程度いただいております。
洗い張りからお仕立てまでのご依頼で、着用日が決まっている場合など、お急ぎの場合は、通常よりも早く作業することもできますのでお気軽にご相談ください。

洗い張りに関するよくある質問

洗い張りの料金

解き、端縫い代を含んだ料金です。裏地(胴裏、八掛、羽裏など)の洗い張り代も含みます。
特選とは本場大島や本結城など、手間物とは弱生地や色のにじみそうな生地です。

きものの種類 通常料金(目安) 感謝祭料金(目安)
小紋 ¥10,000 ¥5,000
無地、紬 ¥12,000 ¥6,000
訪問着、喪服 ¥12,000 ¥6,000
特選、手間物 ¥14,000 ¥7,000
振袖 ¥16,000 ¥8,000
留袖 ¥20,000 ¥10,000
羽織 ¥12,000 ¥6,000
道行・道中着 ¥14,000 ¥7,000
雨ゴート ¥18,000 ¥9,000
長襦袢 ¥7,000 ¥3,500
撥水加工品 ¥4,000増し ¥2,000増し
ミシン縫い品 ¥4,000増し ¥2,000増し

洗い張りから仕立ての料金

解き、端縫い、洗い張り代を含んだ料金です。
特選とは本場大島や本結城や男物など、手間物とは弱生地や色のにじみそうな生地です。
長襦袢の料金には半衿、居敷当て代が含まれています。

きものの種類 通常料金(目安) 感謝祭料金(目安)
小紋 ¥35,000 ¥25,000
無地、紬 ¥39,000 ¥26,000
訪問着、喪服 ¥40,000 ¥28,000
特選、手間物 ¥44,000 ¥30,000
振袖 ¥64,000 ¥48,000
留袖 ¥70,000 ¥52,000
羽織 ¥37,000 ¥25,000
道行・道中着 ¥42,000 ¥28,000
雨ゴート ¥48,000 ¥30,000
長襦袢 ¥29,000 ¥22,000
撥水加工品 ¥4,000増し ¥2,000増し
ミシン縫い品 ¥4,000増し ¥2,000増し

関連のあるページ

きもののお手入れのページ