湯のし・本湯通し

仕立てる前の一手間で着心地が断然変わります!

湯のしとは

反物に蒸気を当てながら生地の巾を整えることを湯のしと言います。
新しい反物を仕立てる前や、縮緬系のきものの洗い張りの最後の工程で行います。
だるまやではテンタという専用の機械を使って湯のしを行っています。

本湯通しとは

反物をお湯につけ、糊やカビを落とすことを本湯通しと言います。
本場大島やカビが生えてしまった紬を仕立てる前に行います。
特に本場大島は本湯通しを行うことで生地の硬さが取れ、しなやかな風合いになります。

本湯通しの手順

湯のしと本湯通しに関するよくある質問

A.お請けいたします。料金は本湯通しと同じです。
A.可能です。できればお客様の袖巾と身長を教えていただけると仕上げの加減がしやすいです。
A.反物の臭いは湯のしでは取れません。本湯通しをするとだいぶ良くなります。

湯のし・本湯通しにかかる期間

湯のし・本湯通しには通常10日から2週間ほどいただいています。

湯のしの料金

きものの種類 通常料金(目安) 感謝祭料金(目安)
一反物 ¥3,000 ¥1,500
八掛 ¥2,000 ¥1,000

本湯通しの料金

きものの種類 通常料金(目安) 感謝祭料金(目安)
一反物 ¥6,000 ¥3,000

きもののお手入れのページ