仕立て

日本の和裁士による手縫いの仕立て

仕立てとは

反物の状態からきもの、長襦袢、羽織などに縫うことを仕立てと言います。
国内の職人が手縫いで一枚一枚仕立てます。
仕立て直しの事例はこちらの仕立直しページをご覧ください。

だるまやのこだわり!

こだわり その1 〜お客様の理想の着姿を手助けする採寸〜

きものの着やすさや着姿にとても影響するのが寸法です。
だるまやではお客様に採寸用のきものやお客様のきものを実際に着ていただき、お客様の目指す着姿を聞き、寸法を決めています。

例えば、衿がイマイチ抜きづらい、胸元のだぶつきを抑えたい、などのお悩みに応じた寸法を提案いたします。

こだわり その2 〜仕立てはすべて国内手縫い〜

だるまやの仕立てはすべて国内手縫いです。
仕立て直しの場合、寸法がご希望どおりにできなかったり、しみがあってどうやりくりするかを考えたりする必要があります。
一日に何回も仕立て屋さんと電話で話す場合もあるため、国内の仕立て屋さんでないと仕事ができないのです。

また、いずれ仕立て直すことを考えると、やはり手縫いの方が解きやすく、生地にも優しいため手縫いのみを採用しています。

仕立ての手順

仕立てに関するよくある質問

A.可能です。
他店で断られたお客様で、うちで仕立て直しをされた方はたくさんいらっしゃいます。
もちろん、できない場合もありますが、お気軽にご相談ください。
A.できます。 袖の裾の方にメインの柄が有り、その柄を活かしたい場合は、袖だけ洗い張りをして袖を作りなおす場合もあります。
A.基本的には洗い張りをして仕立て直すことをおすすめしています。
袖付だけを解いて裄を出すと、元の縫い目の跡が消えないためです。
A.基本的には解いて洗い張りをして仕立て直す際に八掛を交換することをおすすめします。
仕立て上がった状態で八掛を変えるのはかなり手間のかかる作業なので、解いて洗い張りをした場合と金額的に大差ないですし、生地のためにも洗い張りをした方が良いです。
A.できますが、羽織の衿の背中心にハギが入ります。
羽織の衿はグルッと長いのですが、きものにはそのパーツがないためです。
また、きものよりも袖巾を長くしないときものの袖が出てしまうため、生地の幅が広くないとできない場合があります。
A.身丈はどれだけ縫込みに入っているかによってできるかどうかが異なります。
裄が長いお客様で、生地の幅が足りない場合、袖に足し布をすることで対応可能な場合が多いです。

仕立てにかかる期間

仕立てには通常1ヶ月半から2ヶ月半ほどいただいています。
着る予定が決まっている場合は、急ぎで仕立てることもできますので、遠慮無くご相談ください。

洗い張りから仕立ての料金

解き、端縫い、洗い張り代を含んだ料金です。
長襦袢の料金には半衿、居敷当て代が含まれています。

きものの種類 通常料金(目安) 感謝祭料金(目安)
小紋 ¥35,000 ¥25,000
無地、紬 ¥38,000 ¥26,000
訪問着、喪服 ¥40,000 ¥28,000
特選、手間物 ¥44,000 ¥30,000
振袖 ¥64,000 ¥48,000
留袖 ¥70,000 ¥52,000
羽織 ¥37,000 ¥25,000
道行・道中着 ¥42,000 ¥28,000
雨ゴート ¥48,000 ¥30,000
長襦袢 ¥29,000 ¥22,000
撥水加工品 ¥4,000増し ¥2,000増し
ミシン縫い品 ¥4,000増し ¥2,000増し

仕立て屋さん募集!

だるまやではきものの仕立て屋さんを募集しています。

仕立ての仕事を探している方、もしくはそういった方をご存知の方は、お電話か問い合わせフォームからご連絡ください。

関連のあるページ

きもののお手入れのページ