きものを仕立て直す

寸法の合わなくなったきものを仕立て直して蘇らせましょう

きものを洗い張りして、寸法・裏地を変えて仕立て直しませんか?

せっかくきものをいただいたのに寸法が合わない、お母様の振袖をお嬢様に着せたいけれど裄が短い、などお困りではありませんか?
胴裏の黄変やしみがひどい場合は、胴裏を新しくすることで、きものが綺麗に生まれ変わります。
また、合わせて八掛を変えることで、全体のイメージがかなり変わりますよ。

寸法の測り方

だるまやでの寸法を測り方を紹介します。
きものを美しく着るには、まずは寸法が合っていることが重要です。
メジャーで測るよりも実際に着て測るのが一番良いです。
一度でぴったりの寸法を取るのは難しいですが、参考にしてください。
なんでも良いので、きものを着ていただき、そのきものと理想の寸法との差分を測ります。
cmで測っても尺で測っても構いません。

お母さんの振袖を娘さんの寸法に仕立て直した事例

お母さんが着た振袖を娘さんの寸法に仕立て直したいとお持ちになりました。
お母さんと比べて娘さんの身長が10cm以上高く、手も長いためこのままでは到底着られません。
振袖自体はかなり良い柄で娘さんも気に入っており、なんとか直して着せたいとのご希望でした。

お手入れ前

お手入れ後

振袖を解いて洗い張りをし、娘さんの寸法に仕立て直しました。
胴裏も黄色くなっていたため新しくし、伊達衿も付けて仕立てました。
娘さんにぴったりの寸法になり、とても喜んで成人式に出かけられたそうです。

振袖の洗い張りから仕立て直しの料金

振袖の解き洗い張り仕立て:48,000円
振袖用胴裏:15,000円
伊達衿:5,000円
合計:68,000円

仕立直しでしみを隠した事例

前衽の目立つところにしみができてしまいました。
このしみを落としたいというご要望だったのですが、かなり古いしみのため、しみ抜きをしても落ちそうもありませんでした。
寸法もお客様に合っていないということだったので、洗い張りから仕立て直しで、しみを見えないところに隠そうと提案しました。

お手入れ前

お手入れ後

前衽と下前衽を入れ替えて、身頃を内揚げのところで切り、しみを隠れる位置に入れ替えました。
この写真では分かりませんが、紋の周りも汚れていたため、左右の身頃も入れ替え、しみを隠しています。
紋付きにしたいという希望だったので、紋も入れました。
寸法もお客様の希望に直し、とても喜んでいただけました。

無地の洗い張りから仕立て直しの料金

無地の解き洗い張り仕立て:26,000円
身頃を切り入れ替え:3,000円
紋入れ:7,000円
胴裏:10,000円
合計:46,000円

きものと羽織できもの1枚に仕立てた事例

お客様がお持ちになったきものと羽織ですが、全体的に小さいため寸法を直したいというご希望でした。
寸法を測ってみると、確かに小さく、袖などはかなり短く切ってしまっていたため、きものと羽織に直すことはできませんでした。
そこで、きものと羽織を洗い張りして、一枚のきものを仕立てましょうという提案をしました。
羽織の身頃からきものの袖を取り、きものの袖を足し布に使うことにしました。

お手入れ前

お手入れ後

お客様のご希望の寸法通りのきものが一枚仕上がりました。
お客様も半ばあきらめていたようですが、生まれ変わったきものを見て大変喜んでいただけました。

本場大島の羽織ときものできもの1枚に仕立て直しの料金

本場大島の羽織の解き洗い張り:7,000円
本場大島の解き洗い張り:30,000円
足し布仕立て:5,000円
胴裏:10,000円
八掛:10,000円
合計:62,000円

仕立て直しに関するよくある質問

きものの再生事例のページ