きものを染め直す

派手になってしまったきものを染め直す

派手になってしまったきものを染め替えませんか?

嫁入りで持たせてもらったきもの、今着てみようと思ってもこの色じゃ着れないし、、と思っていませんか?
無地のきものは解いて染め直して仕立て直すことで蘇らせることができます。
小紋や訪問着など、柄のあるきものは上から色をかけたり、柄をのりで伏せて地色だけ替える、なんてこともできます。

無地のきものを染め直した事例

お嫁に行く時にお母さんが持たせてくれた無地のきものを着ようと思ったものの、このピンク色じゃ着れないので染め直したいとお持ちになりました。
寸法も合わなくなってしまったので、寸法も今の体型に合わせて仕立て直したいとのこと。
今までは紋なしで仕立ててありましたが、今後着る機会を考えると紋も入れておこうということになりました。

お手入れ前

お手入れ後

お客様がお選びになったのが若草色。
元のピンク色からだいぶ落ち着き、この色なら今でも十分着られるとのことでした。
また、色を選ぶ時にお持ちの帯もお持ちいただき、その帯に合う色を一緒に考えて決めました。

無地を染め直して仕立て直す料金

無地の染め直し(表地と八掛):17,000円
無地の仕立て:26,000円
紋入れ:7,000円
合計:50,000円

附下訪問着に色をかけて地味にした事例

お若いころに誂えた附下が派手で着られないのでなんとかならないかというご相談でした。
解いて上から色を掛けることで全体的に地味にしましょうという提案をしました。

お手入れ前

お手入れ後

地色は芥子色にしました。
上から色を掛けると地色と柄の差が縮まり、全体的に地味になります。
お客様もこれなら十分着られるとおっしゃっていられました。

訪問着に色をかけて仕立て直す料金

きものを解いて表地の染め直し:12,000円
胴裏:10,000円
八掛:10,000円
附下の仕立て:28,000円
紋入れ:7,000円
合計:67,000円

訪問着の柄を活かして染め直した事例

お客様がお持ちになったきものの地色が少し派手でこのままでは着られないとのことでした。
上から色をかけてしまうと柄が死んでしまうので、柄をのりで伏せて、地色だけ刷毛で染めましょうという提案をしました。
実家の紋が入っていたため、紋も入れ直し、寸法も今のお客様に合わせて仕立て直しました。

お手入れ前

お手入れ後

地色は濃い目の紺にしました。
きものの印象がガラッと変わり、元のきものの色よりむしろこっちのほうが良いというほど良くなりました。
元々あったしみもほとんど目立たなくなり、お客様も大変喜ばれ、ご親戚の結婚式に着て行かれたそうです。

訪問着の柄を活かして染め直しの料金

柄により染め代が大幅に異なるので、品物を見て見積もりいたします。

訪問着の柄を活かして染め直した事例 その2

地色が派手なオレンジ色で、このままでは着られないけれど柄はとても気に入っているというご相談でした。
「柄を活かして地色だけ染め直しましょう」というご提案をさせていただきました。

お手入れ前

お手入れ後

地色は濃い目の紫にしました。
染めてみたところ、染め上がりに若干のムラが生じたため、お客様にご説明し、吹雪という細かいアラレを出す染め方に変更しました。
予定より時間がかかってしまいましたが、生まれ変わったきものを見てとてもご満足いただけました。

訪問着の柄を活かして染め直しの料金

柄により染め代が大幅に異なるので、品物を見て見積もりいたします。

染め直しに関するよくある質問

A.無地のきものの場合は、染め直すことでヤケが目立たなくなります。
小紋や附下の場合は、品物によってできる場合とできない場合があります。
A.上から色をかけるにしろ、色を抜くにしろ、元の柄はほとんど見えなくなり、無地っぽくなってしまいます。
無地に直したい、ということでしたら問題ありません。

きものの再生事例のページ