附下・訪問着

結婚式、七五三、初釜などおめでたいお席で幅広く着られる着こなし

附下・訪問着とは

附下・訪問着とは、女性の準礼装で、肩、袖、裾に柄のあるきものを言います。
一般的に背中に一ツ紋を付けます。
結婚式に親戚やゲストとして出席する場合や、七五三などお祝い行事全般にお召しいただけます。
帯は袋帯を合わせるのが一般的です。

ピンクベージュの附下に唐織の袋帯

ピンクベージュ色の附下に唐織の袋帯を合わせました。
きものがスッキリ目の柄なので、帯は重めの柄を合わせました。
このコーディネートでしたら、春の卒業入学式シーズンにも良さそうですね!

附下(紋付・袷お仕立て上がり) 200,000円
袋帯(お仕立て上がり) 120,000円

誰が袖柄の附下に黒地の袋帯

柄の中に着物があるものを「誰が袖(たがそで)柄」と呼びます。
この附下は昔の柄の資料を元に染元と問屋が復刻したそうで、見た瞬間に「良い柄だな!」と思いました。
帯は薄地を合わせるのも良いのですが、あえて黒地を合わせることで格調高さと重みを出してみました。
いかがでしょう?

誰が袖柄の附下(紋付・袷お仕立て上がり) 780,000円
黒地袋帯(お仕立て上がり) 190,000円

関連のあるページ

着こなしのご提案のページ