振袖・留袖

レンタルには無い、こだわりの振袖・留袖のご紹介!

振袖・留袖

未婚女性は振袖、既婚女性は留袖が第一礼装になります。
振袖は成人式や結婚式、留袖は主に結婚式でお召しいただけます。
成人式の振り袖はレンタルが主流で、モダンな柄が多いですが、だるまやの振袖は古典の素晴らしい柄ばかり。
事前にご連絡いただいて、着る方の好みに合うような振袖をたくさん用意して選んでいただいています。

深緑の振袖と黄色の袋帯

1月のポストカードに載せたコーディネート。
深緑色は振袖の地色としては珍しいですが、とても素敵ですね!
ここは帯も変わった地色にしちゃおうと思いまして、珍しい原色系の黄色を。
個人的にかなり気に入っているコーディネートです。

振袖(袷お仕立て上がり) 280,000円
袋帯(お仕立て上がり) 240,000円

白地の振袖と紫色の袋帯

白地の振袖に紫色の袋帯を合わせました。
大人の雰囲気の漂う振袖なので、少し大人っぽい色合いの帯を合わせました。
この振袖でしたら、赤などの帯を合わせても良さそうですね。

振袖(袷お仕立て上がり) 480,000円
袋帯(お仕立て上がり) 240,000円

水色の振袖と黒地の袋帯

水色の振袖に銀地の袋帯を合わせました。
すっきりとした柄づけの振袖なので、帯はビシっと黒地を。
帯の合わせ方でだいぶ雰囲気が変わりますね。

振袖(袷お仕立て上がり) 980,000円
袋帯(お仕立て上がり) 240,000円

朱色の振袖と白地の袋帯

朱色の振袖に白地の袋帯を合わせました。
朱色は振袖の定番中の定番ですね。
帯は白地にこちらも赤メイン。
全体的にまとまりを意識したコーディネートです。

振袖(袷お仕立て上がり) 280,000円
袋帯(お仕立て上がり) 98,000円

京友禅の江戸褄に白地の袋帯

江戸褄(黒留袖)に白地の袋帯を合わせました。
江戸褄の柄は鶴と桐。日本の伝統柄ですね。
帯は紹巴織りの品のあるものを合わせました。
金糸銀糸を多く使った豪華な帯も良いですが、こういった少し落ち着いた帯を締めるととても上品で素敵だと思います。
最近は留袖もレンタルされる方が多いですが、お子さんやご親戚が多い場合で、3回ほど着ると元が取れちゃうんですよね。
その後、娘さんにお譲りいただけますし、長い目で見ると決して損にならないと思います。

江戸褄(お仕立て上がり) 売切
袋帯(お仕立て上がり) 売切

関連のあるページ

着こなしのご提案のページ