小紋

お茶や着付けのお稽古、ちょっとしたパーティーなどに

小紋とは

同じ柄が繰り返し染められている反物を小紋と言います。
普段のお買い物やお茶のお稽古などでお召しになれます。
また、格のある柄の場合、附下のように準礼装としてお召しになれるものもあります。
小紋の中でも非常に細かい柄で遠目に見ると無地に見えるものを江戸小紋と言います。
江戸小紋は、元々は武士の裃に使われた柄が元になっており、紋を入れると準礼装として無地と同格のきものになります。
帯は八寸、九寸なごや、洒落袋帯などを合わせます。

白地の小紋と桐生絞りのなごや帯

白地の小紋に桐生絞りのなごや帯を合わせました。
シボのある生地に葉を中心に染めた小紋で、色使いもとても良いセンスだと思います。
紬地の絞りの帯は、本来は紬に合わせるべきなのですが、最近は昔ほど格に厳しくなくなったので、ありかな、ということで。笑
最近はこういった色合いの帯は少ないのですが、合わせやすいですし、主張が強すぎず良い帯だと思います。

白地の小紋(袷お仕立て上がり) 320,000円
なごや帯(お仕立て上がり) 売切

紺地の小紋とポップななごや帯

紺地に和楽器柄の小紋に、白地のポップな雰囲気のなごや帯。
おしゃれで遊び心のあるコーディネートにしてみました。
ご友人とのちょっとしたお食事でも良いですし、観劇などの際にも良いですね。
年齢も問わない組み合わせなので、長く着られると思います。

紺地の小紋(袷お仕立て上がり) 190,000円
なごや帯(お仕立て上がり) 128,000円

着こなしのご提案のページ