附下・訪問着

結婚式、七五三、初釜などおめでたいお席で幅広く着られる着こなし

附下・訪問着とは

附下・訪問着とは、女性の準礼装で、肩、袖、裾に柄のあるきものを言います。
一般的に背中に一ツ紋を付けます。
結婚式に親戚やゲストとして出席する場合や、七五三などお祝い行事全般にお召しいただけます。
帯は袋帯を合わせるのが一般的です。

濃紺の附下に西陣の袋帯

濃紺から紫の地色の附下に西陣の袋帯を合わせました。
スッキリしていつつ個性的なこの附下は、THEだるまや好み!という感じです。笑
帯は古典的な柄づけに柄の色は少しモダンな感じがする西陣の袋帯を。
結婚式など華やかなお席にぴったりのコーディネートだと思います。

附下(紋付・袷お仕立て上がり) 280,000円
袋帯(お仕立て上がり) 190,000円

クリーム色の附下に唐織の袋帯

クリーム色の附下に唐織の袋帯を合わせました。
ここの染工場は昔から好きで新柄が出ると毎年見に行っています。
古典柄にぼかし染めが流れがあって素敵だなぁ、と。
帯は唐織の袋帯を合わせました。上品なコーディネートになりましたね。

附下(紋付・袷お仕立て上がり) 200,000円
袋帯(お仕立て上がり) 120,000円

龍村の附下に風神雷神の袋帯

この帯を見たときに、「これは絶対だるまやに飾りたい!!」と思った風神雷神の袋帯です。
風神雷神はきものの意匠によく使われますが、この風神雷神はかなりかっこいいな、と。
そしてきものは、帯の織元として有名な龍村がおそらく初めて創った附下です。
帯が映えるように、すっきりとした柄をあわせました。どうでしょう!?

龍村附下(紋付・袷お仕立て上がり) 360,000円
風神雷神袋帯(お仕立て上がり) 300,000円

紺地の附下と袋帯

紺地の附下に水色の袋帯を合わせました。
しぼ(凹凸)の高い縮緬に重厚な柄が染まっている、とても手間のかかった附下です。
帯は西陣の袋帯を。ここの織元さんの帯が好きで、仕入れに行くと必ず見ますね。
古典柄同士で飽きのこない組み合わせだと思います。

附下(紋付・袷お仕立て上がり) 280,000円
袋帯(お仕立て上がり) 240,000円

単衣専用の附下と袋帯の着こなし

こちらの附下は単衣専用です。
さわやか三越縮緬といって、若干透け感のある縮緬で、単衣と盛夏の兼用生地なのです。
柄も手のかかった柄で清涼感と重厚さを兼ね備えていると思います。
帯は草木染めの老舗、白綾苑大庭のものを。
今までの大庭の雰囲気と全然異なる、挑戦的な帯ですね。
9月の単衣の時期にいかがでしょう?

附下(紋付・単衣お仕立て上がり) 260,000円
袋帯(お仕立て上がり) 190,000円

関連のあるページ

着こなしのご提案のページ