男のきもの

男性のきもの姿、かっこいいですよね!

男のきものの種類

男性のきものには、第一礼装である黒紋付、準礼装である御召と無地、普段用の紬などがあります。
結婚式では新郎、新婦の父親であれば黒紋付、ご親族であれば黒紋付、御召、無地の紋付に羽織と袴を合わせるのが一般的です。
お茶のお席では羽織は羽織らず、袴を履くのが一般的です。
普段に着るのであれば、紬が一般的です。

男物の御召と角帯

紫系の御召に瓢箪柄の角帯を合わせました。
重なっている反物は上を羽織に仕立ててはどうでしょう?という意味です。
一般的に羽織の方が濃い色を選びますが、合えて薄い方を羽織にするのも一興です。
帯は瓢箪柄。なかなかこういう洒落た柄の角帯って少ないんですよねぇ。

羽織(お仕立て上がり、羽裏代によって前後します) 130,000円
きもの(袷お仕立て上がり) 138,000円
角帯 16,000円

男のきもの

こちらは緑系の御召に角帯。
お客様の好みの色に合わせて、他の色のお品もあります。
また、羽織の裏もこだわりの格好いいものが多数ありますので、ぜひ見にいらしてくださいね。

羽織(お仕立て上がり、羽裏代によって前後します) 130,000円
きもの(袷お仕立て上がり) 138,000円
角帯 30,000円

関連のあるページ

着こなしのご提案のページ