同窓会やお友達との食事に着られる普段着

紬とは

きものには大きく分けて、白生地を染めた染め物と、糸を染めて織り上げた織り物の2種類があります。
紬は後者で、先に糸を染めてから、織っていきます。
野性味のある柄や触り心地は、染め物とはまた違った味があります。
同じ紬でも生糸を用いてサラッとした触り心地の大島や、真綿糸を用いザラザラした触り心地の結城紬など、特色のある紬が日本全国で幅広く織られています。
用途としては、ちょっとしたお出かけや、同窓会などにお召しいただく普段着です。
帯は八寸、九寸なごや、洒落袋帯などを合わせます。

越後の紬に黒地のなごや帯

新潟県で織られている格子柄の紬に、黒地のなごや帯を合わせました。
きものが総柄の場合、帯はすっきりとした無地やポイント柄の方が無難です。
色合いは春なら薄い色の帯、秋〜冬であれば濃い目の帯を合わせると季節感が出てGood!。
柄も色使いもオシャレでひと目で気に入ったお気に入りの紬です!

紬(袷お仕立て上がり) 240,000円
黒地なごや帯(お仕立て上がり) 68,000円

十日町の紬に、桐生絞りの八寸

クリーム色の十日町の紬に、桐生絞りの八寸を合わせました。
さりげない縞柄の紬は帯によって表情が変わります。
主張も強くないのでどんな帯でも合いやすいので、それほど悩まず楽しめると思います。
帯は最近生産量が増えて復活してきた感がある桐生絞り。
変わった色合いを出していてこれからが期待できる織元だと思います。

十日町の紬 売切
八寸帯(お仕立て上がり) 売切

グリンの絞りの紬に紅型の九寸

グリンの桐生絞りの紬に紅型の九寸を合わせました。
段違いの柄は珍しくはないですが、こういった絞りで段違い柄を出すとまたお洒落ですねぇ。
帯は沖縄の本紅型のなごや帯を。
この帯にぴったりな紬ってどれだろうと考えてこの紬を持ってきました。
個人的にはめちゃめちゃお洒落なコーディネートだなぁと気に入っています。笑

桐生絞り紬(袷お仕立て上がり) 230,000円
紅型なごや帯(お仕立て上がり) 480,000円

黒地の紬に栗山紅型のなごや帯

黒地の紬に京都の栗山工房の染なごや帯を合わせました。
栗山工房の中でもかなり変わった柄づけのなごや帯。
こういった変わった帯を見せたい場合は、きものは主張が少ない無地感覚のものを持ってきたほうが吉。
黒地の紬も一枚は持っておきたいですね。

黒地の紬(袷お仕立て上がり) 売切
なごや帯(お仕立て上がり) 138,000円

着こなしのご提案のページ